· 

ペットシッターと台風15号

台風15号が9日未明に千葉県を通過していきました。

 

昨日8日の夕方の時点では全く風が無い状態でしたが、ニュース等では記録的な暴風が来ることが予想されていたので、とても心配していました。

 

特に現在お世話中のお客様のお宅の状況がとても心配でした。

窓ガラスが割れないか、停電しないか、音でペットがパニックにならないか、など多くの心配事がありました。

 

お客様と相談のうえ、夜に急遽お宅にお伺いさせて頂き、ベランダの物を片付け、カーテンを閉め、出来る限りの対策をさせて頂きました。

それでも、万が一の事を考えると心配です。

遠方に出かけていらっしゃるお客様もとても心配されたと思います。

 

自分の家に帰宅し、家のベランダにある植木を部屋の中に入れ、ニュースを見ながら11pmくらいに就寝。

しばらくすると浅い眠りの中で、ゴーゴーと風の音が聞こえてきました。

 

4:55am、携帯電話の緊急速報が鳴り、目が覚めました。

「警戒レベル4 八千代市1号幹線の水位が警戒水域に達しました」

と書かれていました。

千葉ニュータウンからは距離があるものの、窓の外はすごい嵐で雨音と風の音がすごく、台風進路を見ると台風の目が近くまで来ており、眠れないのでとりあえず起きていることにしました。

愛犬プリンちゃんも眠っていたものの風の音が気になっていたようで一緒に起きてきました(普段は早朝は絶対起きないのに(;´Д`))

 

近くには、建設中や外壁工事中のマンションが沢山あり、壁を覆っている布がヒラヒラ舞っているのが見えました。

ベランダの排水も追いつかず、窓の際まで水が迫ってきていてコポコポ音を立てています。

 

これからどうなるんだろう・・・。

 

そう思っているのも束の間、すぐに夜があけ、風もピークよりは収まり始めました。

ニュースを見たり、停電情報を集めたり、テレビやネットを通して出来る限り情報を集めました。

幸い、自宅もお客様のお宅のエリアも停電にはなっていないようでした。

 

お約束の時間より少し早めにお客様のお宅に到着すると、昨日と同じくペットの〇〇ちゃん達はいつもと同じ姿を見せてくれました。

本当に一安心です。

しかも、全く怖がっている様子もありませんでした。

「良かった、良かった( ;∀;)」

お客様にもご報告して、やっと心が休まりました。

遠方にいらっしゃるお客様も安心されたご様子で本当に良かったです。

 

しかし、ニュースを見ると千葉県内で被害に遭われたかたも多く、未だ停電中のお宅もあるようです。

印西市内でも防災無線で避難所を開設した事を1日中呼びかけています。

 

千葉県内ではなお61万軒で停電したまま夜を迎えるそうです。

しかも、気温は今年1番暑い日となりました。

熱中症が心配されます。

また、もしかしたらこの中に、お留守番中のペットがいるかもしれない、心配されている飼主の方がいるかもしれないと思うと辛い現実の数字です。

 

予期しない事態が起こるかもしれない。

それを踏まえた上で、最善な方法でペットのお留守番を守っていかなくてはと、更に強く誓った1日でした。

 

早く停電が復旧されることを祈っております。